ブレーカーの方式

使用電力を計測し、危険がある場合、または使用契約以上の電力を使用した場合に、一時的に電力の供給をストップさせるシステム。一般的にはこれを、ブレーカーと呼びます。
規定量以上の電力が流れた際に電力の供給をカットすることで、家庭用電源に繋がれた電化製品に負荷がかかることを防いだり、過剰な電力使用量が発生することを防いでくれます。

従来のブレーカーでは、熱動式と呼ばれる構造が使われていました。これは、バイメタルと呼ばれる二種類の金属を張り合わせたものを使い、金属の熱収縮の原理を利用したブレーカーです。
この方法は、熱を利用することからもわかるように、厳密には電気使用料で作動基準を決定しているわけではありません。電流が流れることによって熱が発生します。熱によって金属が変質することを利用しているため、規定量以上の電流が流れるだけではブレーカーは作動しないのです。これでは、確実に安全に動作するとは言えません。

そこで、近年になって開発と普及が進んでいるのが、電子ブレーカーです。電子ブレーカーの取り付けには電気工事が必要です。そのため、電子ブレーカーを取り付ける際には、契約料だけではなく電気工事費用がかかることを理解しておかなければなりません。
しかし、電気工事費用がかかることを踏まえても、電子ブレーカーを取り付けることには費用的なメリットがあると言われています。それは、従来のブレーカーで電気使用料を管理するよりも、安価な価格で使用することができるからです。
電子ブレーカーを取り付けることによって、電気使用料をデジタルな数字として、電子情報として管理することができます。熱で管理するよりも、デジタルな数字で管理したほうが、より精密に計測できることは言うまでもありません。

電気工事費用は必要になりますが、長期的にはプラスとなることが見込めます。また、安全面でも従来のバイメタル方式より信頼が置けるものです。

オススメサイト

電子ブレーカーのことは;電子ブレーカー価格の実態

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし